丈夫なママチャリが欲しい!壊れにくい丈夫な自転車の選び方

自転車を使ってダイエットをしたい!
重い荷物を運ぶようになったけど今の自転車だとちょっと不安。。。

人によって状況は様々だと思いますが、どんな自転車が丈夫な自転車なの?選び方が分からない!と言う方の為に、丈夫な自転車を選ぶ基準と通販で購入可能なのかを紹介します。

丈夫な自転車ってどんなもの?

丈夫な自転車と聞いて、軽量化したロードバイクを想像する方はいないと思います。
そう。
丈夫な自転車とはシティサイクル。俗に言うママチャリのことを指します。
ママチャリと呼ばれる前は軽快車と呼ばれていて、私たちの普段の生活を支える重要な移動手段に用いられています。

壊れない自転車は存在しません。たとえメンテナンスをしっかりと行っても自転車はだんだんと劣化してしまうので壊れないと言うことはありません。
ですが、ママチャリの中でも、様々なタイプがあり、頑丈さ丈夫さを重視したタイプのものはあります。頑丈さを重視して自転車を選ばないと重いものを載せたとき、体重が100キロ前後の方がダイエットの為に使用するときに、すぐに壊れてしまう可能性があります。
頑丈で錆びにくい自転車の選び方を知っておくことが自転車を長く使うためには必要なんです。

丈夫なママチャリを探すならここをチェック

丈夫で頑丈なママチャリは通販でも購入可能です!
ですが、通販で購入するときには
完全組み立て・修理保証付きの通販サイトで購入することをおすすめします。
自分で組み立てて耐久性に不安を持ってしまっては元も子もありませんし、パンクなどの保証があれば安心して乗ることが出来ますよね。
素人が組み立てた自転車は頑丈さには不安が残ってしまいます。プロが組み立てて点検をした自転車であるからこそ丈夫で頑丈な自転車だと言えるんです。

完全組み立てで保証つきの自転車通販サイトはここ!


自転車通販サイト【サイクルベースあさひ】

プロの整備士による完全組み立て・自転車の種類がもっとも豊富といっても過言ではない自転車通販サイトです。
送料無料で購入から半年間無料で自転車の点検をしてくれます。
丈夫な自転車を探しているなら、安心して使用できる自転車を選べるあさひがおすすめ!
※軽量で丈夫な自転車も豊富にあります

>公式ホームページはこちら<



丈夫なママチャリを選ぶときの基準5選!

頑丈な自転車を選ぶ選び方は次の5点を基準にすると見つけることができます。
丈夫なママチャリが欲しい!壊れにくい丈夫な自転車の選び方

値段で選ばない

鉄素材のものを選ぶ

重心の低いものを選ぶ

フラット以外のハンドルを選ぶ

錆にくい素材のものを選ぶ

丈夫なママチャリが欲しい!壊れにくい丈夫な自転車の選び方
これら5点は頑丈なママチャリの条件となっているので、この5点を押さえたママチャリが丈夫なママチャリだといえます。
これから詳しく説明していきます。

値段で選ばない
ママチャリは安いものを探せば1万円前後で買えるものもたくさんあります。しかし、頑丈さを求めるのであれば、値段をママチャリ購入の基準から外してください。
値段の安いものは品質に保証できない海外製のものも多くあります。
※例えば、メーカー元がたどれない中国製であったりすることもあるのです。
壊れにくい丈夫なママチャリを探しているのなら値段は最終的な判断まで考えないようにしましょう。

鉄素材のものを選ぶ
ママチャリは細かく分類すると5種類のタイプに分けることが出来ます。
「通勤・通学用」「買い物用」「3人乗り用」「子どもを乗せる用」「子供用」の5つです。

基本的に、「通勤・通学用」は毎日の移動手段ということで、軽量化していることが多いので、アルミ素材で作られていることが多いです。
アルミ素材は軽さには定評がありますが、耐久性に問題が出てしまうので、丈夫さを求めている方には通勤・通学用のママチャリはおすすめできません。

おすすめなのは、「買い物用」「3人乗り用」「子ども乗せる用」の自転車です。
これらの自転車はスピードを出すことを目的としていないので、乗り降りのしやすさや耐久性、最大積載量の高さが特徴となっています。丈夫さを求めるのであれば、鉄素材のこれらのタイプのママチャリを選ぶことをおすすめします。

重心の低いものを選ぶ
前項で紹介した3タイプのものは、リラックスしてスピードを落としても乗りやすいように設計されている為、基本的に重心は低いです。
重心の高い自転車はスピードを上げるのに特化していますので、自転車の素材自体もアルミなどで出来ていることが多いので、重心の低さも丈夫なママチャリを選ぶときの選定基準のひとつとなります。

フラット以外のハンドルを選ぶ
ハンドルには「アップハンドル」「セミアップハンドル」「カマキリハンドル」「オールラウンダーハンドル(フラット・一文字・トンボ)」があります。
フラットタイプのオールラウンダーハンドルは、力を入れやすいので、スピードを出すときに楽に加速をすることができます。

しかし、丈夫さを求めるなら、無駄にハンドルに力を入れることのないフラットタイプではないハンドルを選ぶことをおすすめします。
自転車のフレーム部分とハンドル部分で素材が異なる場合もあるので、フレームよりもハンドル部分が破損してしまう場合もあります。そういったことも含めて力が入り過ぎないものを選ぶことが丈夫さの選定基準に当てはまるのです。

錆にくい素材のものを選ぶ
一般的な自転車素材を順番に並べるとステンレス>アルミ>鉄の順番で錆びにくくなっています。
しかし、素材そのものの耐久性を比べると、鉄>ステンレス>アルミの順番になります。(使用する重量によって大きく変動します。同量なら鉄よりもアルミの方が丈夫です。)
※コストを考えると鉄と同量のアルミ素材・ステンレス素材で作られる自転車はほぼ皆無といえます。

耐久性で考えて鉄素材を選ぶとなると、重要なのは鉄(スチール)をどのように錆びにくくしているかという点が重要になります。
スチールを錆びにくくする方法として用いられているのは「塗装」と「メッキ」の2種類です。
この2種類で比較すると、メッキの方が劣化が少なく、錆びにくいと判断することが出来ます。
※使用状況によって錆びにくさは異なります

>あさひの公式HPはこちら<


マウンテンバイクは丈夫じゃないの?


丈夫な自転車としてマウンテンバイクを想像する方も多くいると思います。
もちろん、山道を走ることを前提として設計されているマウンテンバイクも丈夫な自転車の1つです。

ただ、マウンテンバイクの性能は「荒地でも走れる」というところに特化した自転車となっていますので、普段使いにはあまり向いていないというのがこのページでマウンテンバイクを紹介していない理由です。

普段使いならかごがあったほうが便利だし、スタンドも安定しているものの方が安心です。
さらに言えば後ろに荷台があったほうが都合の言い方もいるかもしれませんし、何より泥除けがほとんどの自転車で標準装備されており、追加オプションでの購入が必要ないママチャリの方が便がいいのです。

丈夫さで言えばママチャリもマウンテンバイクも両方おすすめの自転車となっています。
ママチャリとマウンテンバイクの両者で迷ったのであればそのときの両者の選び方は使うシチュエーションで決めてください。
ただ、普段使いで頑丈の使うのを考えているのであれば、ママチャリの方が重宝することが多いのです。

>あさひの公式HPはこちら<