安いものだと失敗する?折り畳み自転車購入前に知りたい5つの事

街で見かけるタイヤの小さい折り畳み自転車。お洒落に乗りこなす姿は憧れでもあります。
しかし、折り畳み自転車を購入するときには選び方を間違えてしまうと後悔することにもなりかねません。

ここでは、そんな折り畳み自転車を選ぶときのポイントを紹介していきます。

折り畳み自転車購入前に知りたい5つの事

折り畳み自転車を購入する前に知っていて欲しいことが5つあります。

・安い折り畳み自転車が何故安いのか
・ギアの必要性
・タイヤの大きさによる違い
・重さの基準
・装備の有無
以上5点についてこれから詳しく説明していきます。

安い折り畳み自転車が何故安いのか
折り畳み自転車は、安いものから高いものまでピンきりです。
これは、性能や重量に関わってくる部分なのですが、私たち消費者からすると、少しでも値段が安いほうが助かる部分ではあります。

しかし、あまりに値段重視で選んでしまうと、折り畳み自転車の良い部分を全てなくしてしまう可能性があるので注意が必要です。
特に気にするところは、「折り畳み自転車の重さ」です。※重さの詳しい話は下部で紹介します。

安い自転車は、コストを削って自転車の価格を抑えています。その為、素材の良さは二の次で作られていることが多く、重量が重くなってしまうのです。
そのほかにも折り畳み部分が雑であったり、持ち運びに不便であったりもするので、価格だけで決めるのは止めましょう。

ギアの必要性
ミニベロのことを紹介している「ミニベロは思っているより高性能!?知っておきたいミニベロの魅力」のところでも紹介しているのですが、折り畳み自転車はタイヤが小さいせいで走らないという印象を持っている方も多くいると思います。

実は「走る」という点に関して、タイヤは問題視すべき点ではありません。
最も重要なのは「ギア」なのです。

ギアには「ギア比」というものが存在します。このギア比は、歯車の歯の数の噛み合わせのことを指すのですが、この噛み合わせの調節がしっかりとしていることで、ひと漕ぎでの進む距離の差がでなくなるのです。
その為、タイヤは小さくても普通の自転車と大差ない走りが可能となります。
また、変速ギアの付いている折り畳み自転車なら、走る道にあわせたギア変更が出来るので、スムーズな走りを実現することが可能です。

折り畳み自転車はタイヤが16インチ〜18インチくらいのものが主流ですが、このタイヤの小ささでしっかりと走れる鍵を握っているのがギアなのです。

タイヤの大きさによる違い
前項ではタイヤは走りに関係ないといいましたが、タイヤの大きさが変わることで3つの点において違いが見られます。
それは「加速力」「静止力」「慣性モーメントの違い」です。※慣性モーメントとは、止まり続ける力やスピードを維持する力のことを指します。
折り畳み自転車と普通の自転車の違いを表であらわすと以下の通りになります。
      折り畳み自転車 普通の自転車
加速力
静止力
慣性モーメント ×
タイヤが小さいだけで、これだけの性能の差が出てきます。
正直なところ、スピード維持の点を気にしなければ折り畳み自転車の方がかなり優秀な自転車ということになります。
その為、タイヤの大きい方が走りが良いと誤解して折り畳み自転車を選んでしまうと、折り畳み自転車の良い点をなくしてしまうことにもなるので、注意してください。

重さの基準
折り畳み自転車の重さの基準としては

・10kg以下⇒超軽量
・10kg〜12kg⇒軽量
・12kg〜15kg⇒標準
・15kg〜20kg⇒重い

というところで判断すると良いと思います。
【超軽量】⇒超軽量の折り畳み自転車は素材もこだわって作られており、携帯することを目的とした折り畳み自転車です。電車での移動もらくらく出来るので、遠出したときの移動手段として使いたい場合にとても重宝します。

【軽量】⇒軽量の折り畳み自転車は、持ち運びにさほど苦労することがないので、こちらも遠出のときにも利用できる自転車となっています。また、超軽量のものよりも手ごろな価格で購入できるので、一般的にはこれくらいの重量の折り畳み自転車を選ぶことをおすすめしています。

【標準】⇒標準の折り畳み自転車は折りたたんでの持ち運びには向いていません。価格が高くないものも多いのですが、コンパクトに収納できることを目的として購入することをおすすめします。

【重い】⇒重い折り畳み自転車の重量はシティバイク(ママチャリ)と大差がありません。この重量で折り畳み自転車を購入するのであれば、普通の自転車の購入をおすすめします。

装備の有無
装備というと大げさかもしれませんが、普段私たちが自転車を使用する際に何気なく自転車についている「変速機」「泥除けカバー」「スタンド」といったものは全て装備です。

折り畳み自転車の場合は、重量を軽く押さえる為、これらの装備が標準で付いていない場合があります。
確かに軽量化したものの方が折り畳み自転車としては利便性が高いですが、道路がぬれているときに泥除けカバーが付いていないとお尻がびちょびちょになってしまいますし、スタンドがないと自転車を立てておいておくことが出来ません。
普段使っていくにあたって必要な装備が標準で付いているのかもしっかりとチェックしてください。